ブログ

ただ一人のオカッパ頭

4月27日

 私の中学時代は、苦難の連続だったかもしれない…

 前にも述べたように、親父の仕事の都合で坂出に移住していました。

 ようやく故郷の引田町に戻れたのは、小学校を卒業した年でした。

 帰郷して1週間後に引田中学校での入学式があり、入学式で廻りを見渡すと、すべての男子が「坊主頭」でした。

 私はといえば…オカッパ頭

 担任の先生には「坊主頭にしなさい。」と指摘されました。

 母に相談すると「アメリカでは、囚人が坊主頭にするくらいで、頭を守るために髪がある。」という、母の考えから、卒業するまで坊主頭になることはありませんでした。

 ただ一人のオカッパ頭ということで、川に落とされそうになったこともありますが、それがイジメだとは思いませんでした。

 たくさんの友達ができ、楽しい学生生活を送りました。


カテゴリー
ブログ

2015年4月27日